食レポ日本一!

温泉旅行が趣味の食いしん坊中年夫婦。夫と美味しいものが食べられる幸せをかみしめつつ、食べたものを写真で記録しています。

御宿かわせみ 夕食編(8回目) 2018/03/13

飯坂温泉(福島)の旅館『御宿かわせみ』さん。

[画像がありません]到着
到着
今月もダーリンと福島「御宿かわせみ」さんへ。今回は、7か月連続8回目の滞在でしたが、今までと違うことがたくさん起こったちょっと不思議で面白い滞在になりました♪ まず・・庭に鴨さんが居ない!こんなことは初めてだ。

[画像がありません]ロビー
ロビー
かわせみさんは、3月初めにリニューアルオープンしたばかり。ロビーが素敵になってました。この椅子の座り心地がとても良い。いつまでも庭を眺めていたくなります。

[画像がありません]ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク
ロビーでいただくいつも通り美味しいお抹茶。

[画像がありません]本わらび餅
本わらび餅
今回はいつもの「しおみ饅頭」ではなく、リニューアル記念の「本わらび餅」を振舞っていただきました。

[画像がありません]本わらび餅
本わらび餅
白味噌蜜でいただく自家製本わらび餅」。わらび餅がプルンプルン!! しかもこの白味噌蜜がすごく美味しい。ひと口食べて「キャラメル?」と思った。味噌?と思うと確かに味噌の味。でもまったく味噌っぽくなくわらび餅によく絡む「蜜」にちゃんとなってる!!

[画像がありません]しおみ饅頭
しおみ饅頭
お部屋で、しおみ饅頭とお煎茶。

[画像がありません]お煎茶
お煎茶
「いつもと違うかわせみ」。私が個人的に最も驚いたのは、いつも担当してくださっている仲居さんが体調崩されお休みだったこと!

[画像がありません]しおみ饅頭
しおみ饅頭
そんなことだってあって当然なのに、かわせみさんに行けば〇〇〇さんが必ず迎えてくれるものだと思い込んでいて、姿が見えずしょんぼりしてしまった自分にビックリ(笑)。今回は、私たちの好みや習慣をよくわかってくれている〇〇〇さんに、普段かなり手厚いおもてなしを受けているのだな、と痛感させられた滞在でもありました。

[画像がありません]今日のお部屋
今日のお部屋
それにしてもかわせみのスタッフの方は、好感の持てる方ばかり。今回担当してくださった方もとってもいい方でした♪
後日談 かわせみさんは、担当の仲居さんが出勤できなくなってしまったことを事前に私たちに伝えようと、当日の朝、メールや電話をくださっていたようでした。電話にも出られず、メールも見てなくてごめんなさい!でした。

[画像がありません]内風呂
内風呂
部屋風呂のリニューアルが想像していたよりすごかった! 真新しい檜風呂。檜の香りがスゴイ♪ 感動して珍しくお風呂の写真を撮ってしまった。今日は内風呂に入ることに即決!

[画像がありません]内風呂
内風呂
最近新しくなった部屋風呂のアメニティ。『バネッサ・ミーガン』。一度使ってみたいと思ってたの。「口にできないものは肌につけない」というコンセプトで作られているそうです。泡ブクブクになるシャンプーじゃない。でも翌日まで髪のしっとり感が続く感じでいい心地。

[画像がありません]内風呂
内風呂
メチャクチャいい香りのボディーソープでした。これは癒される香りです♪ 至福のお風呂タイムでした。

[画像がありません]内風呂
内風呂
メモリを回すと指定の量お湯張りして勝手に止まってくれる装置が付いてて驚いた! 前回この部屋に泊まったときには確かなかったような・・。かわせみさんのリニューアル、充実してるなぁ。お湯ためてる間ほっといていいからコレ好きなの。

[画像がありません]ソファー
ソファー
「さつき」の部屋は、ソファーが新しくなってた!! とてもくつろぐソファーです。ゴロゴロできます。

[画像がありません]部屋に飾ってあった絵
部屋に飾ってあった絵
ピカピカに磨かれた部屋の大きな窓のすぐ前には桃?の木。そこへ花のつぼみをついばみに鳥が3羽遊びに来てくれました。すぐ目の前で野鳥の姿が見れるなんて感激。驚かせないようにダーリンとふたり、身じろぎもせずじーっと眺めていました。この絵の通り、川があって自然林があって、そして鳥が遊びに来る「御宿かわせみ」。こんなかわせみさんの楽しみ方があるんだなといううれしい発見。

[画像がありません]風呂上りの1杯
風呂上りの1杯
ダーリンのビール♪

[画像がありません]今日のお酒
今日のお酒
夕食のときのダーリンのお酒はこれに決定!

[画像がありません]私用の椅子♪
私用の椅子♪
「いつもと違うかわせみ」。この日は足を怪我していて、私もいつもと違う。事前にご相談したら、回転椅子を準備してくださいました。うれしかった♪

[画像がありません]お品書き
お品書き
テーブルクロスの色がリニューアル! きれいな、でもとても落ち着いたいいオレンジ色です。

[画像がありません]今日の箸置き
今日の箸置き

[画像がありません]にごり酒
にごり酒
写真撮り忘れちゃったんだけど、お水も準備してくださいました。「龍泉洞」でした。

[画像がありません]食前酒
食前酒
純米吟醸かわせみ」。私の好きなお酒で「ラッキー」と思った! 足怪我してるから控えた方がよかったのかもしれないんだけど、全部飲んじゃった。

[画像がありません]箸染め
箸染め
早春アスパラ 牡丹海老クリーム。

[画像がありません]食前酒
食前酒

[画像がありません]箸染め
箸染め
白アスパラと翠アスパラ。牡丹海老を叩いて混ぜ込んであるのかな。上にかかっているのは、牡丹海老がゴロゴロ入ってる濃厚クリームでした。

[画像がありません]箸染め
箸染め
炙った牡丹海老! 甘くて香ばしくてすごく美味しい。

[画像がありません]箸染め
箸染め
絶品だった牡丹海老クリーム。食べてるうちに、いかの塩辛を思い出した。もちろんのこと塩辛くはなく、むしろ甘いんだけれど、牡丹海老の食感と牡丹海老の旨味を凝縮させたクリーム。それがなんだかいかの塩辛とダブッてしまって(笑)。

[画像がありません]箸染め
箸染め
アスパラのゆで加減が絶妙。こんなシャキシャキの白アスパラを食べたの初めてかも。

[画像がありません]先附
先附
炙り帆立と根三ツ葉の胡麻浸し。

[画像がありません]先附
先附
炙った帆立、その下は肝。左横はのびる。下には根三つ葉。

[画像がありません]先附
先附
帆立が苦手なダーリンを驚愕させた帆立。炙ってある。食感がプリプリ。香ばしい。帆立じゃないみたい。

[画像がありません]先附
先附
蕗。浸みてる出汁の味がなんとも旨い!!「胡麻浸し」とあるけれど、胡麻はあまり感じない。でも、隠し味として効いてるんだと思う。

[画像がありません]先附
先附
根三つ葉もしかり。口の中が春の香りでいっぱい!!

[画像がありません]先附
先附
これまたダーリンを驚愕させた品。帆立の肝。「鮟肝かと思った!」と。出汁が浸みてるのもいい。確かに鮟肝みたい♪

[画像がありません]先附
先附
技ありの帆立。中はレア。一度焼いたものを、冷まして出汁を浸ませたんじゃないかな。すべて同じ温度で、統一感のあるひと皿。旨かった!!

[画像がありません]先附
先附
お皿の底に「福」。思わずニンマリ。今回のリニューアルではお皿も新調したってかわせみさんのブログに書いてあったな。これもそうなのかな♪

[画像がありません]お椀
お椀
焼き甘鯛椀。

[画像がありません]お椀
お椀
焼いた甘鯛。上にはわらび。手前は高麗南瓜。高麗南瓜は、うすーく切ってあるのにシャキシャキ!

[画像がありません]お椀
お椀
「桜」発見! 春だな。

[画像がありません]お椀
お椀
甘鯛の焼き加減が素晴らしいのなんのって! プリップリ。鯛の味が濃い。出汁にも染み出して、お汁がこりゃたまらん♪の味に。

[画像がありません]お椀
お椀
お椀の蓋の裏に、かえるを発見!

[画像がありません]お椀
お椀
甘鯛の下の玉子豆腐。今日も絶品でした。なめらか。絶妙のやわらかさ。お椀の味を邪魔しない雑味のないお味。

[画像がありません]前菜
前菜
『雛の宴の盛合せ』。3段重ねになってるの♪

[画像がありません]前菜
前菜
1段ずつ開けていきながら、仲居さんが1品1品説明してくれました。

[画像がありません]前菜
前菜
2段目。

[画像がありません]前菜
前菜
3段目。

[画像がありません]前菜
前菜
稚鮎春巻。

[画像がありません]前菜
前菜
飯蛸 花山葵和え。

[画像がありません]前菜
前菜
山独活 蕗味噌和え。

[画像がありません]前菜
前菜
蛍烏賊とレア玉子 エスカルゴバター醤油かけ。

[画像がありません]前菜
前菜
白身魚このわた和え

[画像がありません]前菜
前菜
仙台麩パンコントマテ ねっとりフォアグラのせ。

[画像がありません]前菜
前菜
桜鯛手毬寿司 桜葉包み。ふたを開けた瞬間に、フワーッと桜葉のいい香り。

[画像がありません]前菜
前菜
ひと口食べて「これは一度に食べちゃうのは惜しい!」と思った(笑)。外がパリパリしてる! 春巻きになってる分だけ味が中に閉じこもってるのかな。今まで食べた稚鮎料理の中で最高に好き!

[画像がありません]フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
リニューアル記念プランについていた「フレッシュ・フォア・グラの木芽焼」。

[画像がありません]フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フォアグラのソテー!! 上には木の芽。フォアグラはほんのり甘いの。

[画像がありません]フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
玉葱、ししとう、椎茸。

[画像がありません]フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フォアグラと木の芽がこんなに合うなんて! フォアグラのこってり感を木の芽がスッキリさせてくれます。「これまでかわせみ料理の中で、最高の焼き加減、最高のフォアグラ」とはダーリン談。

[画像がありません]前菜
前菜
大きな独活でした。蕗味噌は、ほんのり酸味がついていて、これがまたウドと合う!!

[画像がありません]前菜
前菜
イイダコに「いい」が入ってる!とダーリンに言われて撮った1枚。そうなのか、これが飯蛸のイイなのか・・。旨い旨いと言っているダーリンに反し、私には初心者過ぎてイイの味がよくわからなかった(笑)。

[画像がありません]前菜
前菜
桜葉の中を覗くと、そこにはきれいな手毬寿司!

[画像がありません]前菜
前菜
美味しかった~! 桜鯛のモチッと感が効いてるんだと思う。ご飯がもち米ってわけではないのに、桜餅食べてるみたいな錯覚に陥る!

[画像がありません]前菜
前菜
蛍烏賊と半熟卵が合ってる! 意外な組み合わせなのに、一緒に食べると違和感なくひとつの味になっていく。美味しかった。

[画像がありません]前菜
前菜
仙台麩がパンみたい♪ ガーリックトーストのトマト味に、フォアグラムースを乗せたみたいな味! 旨かったぁ。

[画像がありません]前菜
前菜
最後まで取っておいたのは、稚鮎の春巻きと・・

[画像がありません]前菜
前菜
このわた和えと・・

[画像がありません]前菜
前菜
桜鯛手毬寿司 桜葉包。食べたことのない組み合わせのはずなのに、口入れると「桜餅だ!」と体が勝手に「これ大好き」と言い出す感じ(笑)。春を感じる不思議で美味しいお寿司でした。

[画像がありません]お造り
お造り
細魚と本鮪。

[画像がありません]お造り
お造り
さより。今回のお造りはさよりが絶品。本鮪がかすんでしまったほど。

[画像がありません]お造り
お造り
さよりのお醤油。

[画像がありません]お造り
お造り
本鮪。大間産から変わり、今月は長崎産だそうです。

[画像がありません]お造り
お造り
さよりの後ろに潜んでいたこの筍も、やわらかい部分は食べられて、美味しかった。吟味特選で使われる「早堀り筍」なんじゃないかな。吟味特選も美味しいに違いない!と期待が膨らむ味でした。

[画像がありません]お造り
お造り
「大間の本鮪」と「長崎産本鮪」とではこんなにも味が違うのか!と驚いた。美味しい鉄火巻きの味だな・・と思いながら食べてたらダーリンも同じようなことを言い出して笑ってしまった。

[画像がありません]お造り
お造り
先月まで出していただいていた大間の本鮪が「食べたことないくらい旨い鮪」なら、今月のは「食べたことある味。でもかなり美味しい鮪」。

[画像がありません]お造り
お造り
さすが旬の魚。先月もさよりのお造り出してもらったけれど、さらに脂がのって味が濃くなってる気がした。

[画像がありません]お造り
お造り
生姜を乗せて、と・・食べ終わっちゃうのが惜しいな、の図。

[画像がありません]山崎水割り
山崎水割り
ダーリンの水割り。山崎12年。濃い水割りだったそう。かわせみさんで水割りは初めてだよね。これも「いつもと違うかわせみ」のひとつじゃないかな~。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
早掘り筍と生雲丹の美味しゃぶ。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
蛤は葛打ち。その上には木の芽。下は三陸産若布。横の白いのがうるい。こしあぶら。そして筍!

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
この雲丹をしゃぶしゃぶしていただきます!

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
早速ダーリンがしゃぶしゃぶしてみたの図。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
雲丹は、おつゆに漬けたらとろけるのかと思ったら、くるん固まって甘味が増すの! 確かにこの雲丹ならしゃぶしゃぶできるねぇ。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
筍の上で温めてみるの図。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
蛤。甘かった! 食べやすく包丁を入れてあった♪

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
蛤と木の芽を一緒に食べてみるの図。木の芽が、しびれるほどにピリッとします!! この組み合わせは合います!

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
筍と木の芽でシンプルにいただいてみるの図。口の中が「春」です!!

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
こしあぶら。私今年はお花見いらないな、と真剣に思った。これ以上ないほどに、口の中が春です。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
うるい。となりは山盛りに入れてみた雲丹の図。雲丹は火の入り具合で甘みが変化して楽しい(・・ということは、去年の11月のかわせみさんの食事で知ったこと!)。しゃぶしゃぶ具合を変えながらいろいろ楽しみたいと思ったの。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
筍としゃぶしゃぶした雲丹を一緒に食べてみるの図。合います!!

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
一番好きだった組み合わせはコレ。三陸産若布と雲丹。口の中が磯の香りで幸せな感じに。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
蛤と雲丹を一緒に食べてみたの図。蛤がすごく甘いの! 雲丹も甘いからこれはイマイチ合ってない気がした(笑)。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
この三陸わかめが本当に美味しかった。ダーリンは若布、そんなに好きじゃないんだけど、これは美味しいって! 滞在日は、3月13日。三陸は震災で大きな被害を受けたところだよな、なんてことも頭をよぎり、ありがたくいただきました。

[画像がありません]吟味特撰
吟味特撰
お汁、すべて飲み干しました。美味しかった・・。

[画像がありません]口替り
口替り
チャイのソルベ。

[画像がありません]口替り
口替り
甘くない紅茶のシャーベットのような味。なんのスパイスだろう。香辛料が効いてる。木の芽の風味が充満していた口の中が、不思議なくらいすっきりリセットされました。驚きのソルベ。このレシピを考えた人、たぶん天才だ(笑)。

[画像がありません]進肴
進肴
鮎魚女福良揚げ と 蓬とうふ。

[画像がありません]進肴
進肴
ふきのとう白扇揚げ♪ 旨かった!!

[画像がありません]進肴
進肴
鮎魚女って私、初めて食べたかも。こんなにホクホクした白身魚なんだな。美味しい。かかってる梅酢餡もいい感じ。

[画像がありません]進肴
進肴
蓬とうふ。

[画像がありません]進肴
進肴
フワッフワ!

[画像がありません]進肴
進肴
食べ終わっちゃうのが惜しくてしばし眺めていた、の図。

[画像がありません]進肴
進肴
「あいなめと一緒に食べると、よもぎをすごく感じる」と言われてやってみた、の図。私はこのフワフワホクホク感にノックアウトでした。

[画像がありません]食事
食事

[画像がありません]食事
食事
仙台牛 焼すき。上は行者にんにく。

[画像がありません]食事
食事
なばなの浅漬け。ビックリするほど美味しかった!! 上にかかってるのはからし。なばなってこんな食べ方あるんだな。

[画像がありません]食事
食事
せり、もずく、豆腐。もずくの中でも、特に細いのを使ってるんじゃなかろうか?と思うような繊細な食感のもずく。おぼろこんぶかと思った。美味しかった!

[画像がありません]食事
食事
切り飯。

[画像がありません]食事
食事
焼すきというだけあって、タレは甘辛く、そして上には玉子がソースのようにかかってる! 泡立てたものだそう。

[画像がありません]食事
食事
これはご飯にあうようねぇ・・と乗せてみたの図。

[画像がありません]食事
食事
ダーリンも同じことしてた、の図(笑)。

[画像がありません]食事
食事
なばなの浅漬け。美味しかったからもう1枚。これはたぶん、家で真似してみちゃうね。こんなに美味しくできるはずないけど(笑)。

[画像がありません]ほうじ茶
ほうじ茶

[画像がありません]水菓子・甘味
水菓子・甘味
甘酒クレームブリュレ

[画像がありません]水菓子・甘味
水菓子・甘味
焼いちご! パパイヤ。イチゴソースは、苺を叩いたのかな。ソースというよりは、苺そのものがかかってる!

[画像がありません]食後のコーヒー
食後のコーヒー
今日はいつもの仲居さんではないので、食後の飲み物をおねだりするのは遠慮しようと思っていたのですが、「食後のコーヒーです」と持ってきてくださって驚いた! 本当に食事だけでなく、おもてなしも素晴らしい宿だ・・。

[画像がありません]水菓子・甘味
水菓子・甘味
甘酒クレームブリュレ。普通に美味しいクレームブリュレ。でも「いい甘味みだなぁ」とよく味わってみると甘酒!

[画像がありません]夜食
夜食
今回は「何が美味しかったか」というよりは、コース全体として春を感じられる内容で、それがとても楽しかった。冬から春へ。鮪の産地が変わっていたり、のどぐろとか、蟹とか、海老芋とか、ふぐとか、「冬のかわせみ」で堪能した食材が、山菜や筍に変わっていたり。口の中が春でいっぱい。こうやって春の訪れを感じるのはいいな、と思いつつも、冬の旬素材に目がない私としては、来年までお目にかかれない料理がたくさんあるなぁと名残惜しくも感じたかわせみさんでの3月の夜でした。

今日のナンバー1!
[画像がありません]フレッシュ・フォア・グラの木芽焼
フレッシュ・フォア・グラの木芽焼